Popular

Deep Chat-Open Source Built to power AI services of tomorrow

deepchat.dev

Trends

Monthly Visits (Similarweb)
User Vote (Producthunt)
Views Count
48
Total Trends
15170
(Note: Total Trends = Monthly Visits data from Similarweb + Total Producthunt Vote + BestTool User Views)

Description

Deep Chat - A Framework Agnostic Chat Component

Deep Chat is a framework-agnostic chat component that serves various purposes. It allows users to connect to any API with minimal effort, making it versatile and adaptable for a wide range of applications. Some of its key features and use cases include:

  1. Web Component Integration: Deep Chat can be seamlessly integrated into web applications, providing a chat interface for users to interact with.
  2. Playground for Experimentation: Deep Chat offers a playground where users can create, configure, and experiment with chat components without the need for coding. Importantly, the playground does not record any data, ensuring privacy.
  3. Design Customization: Users can style their Deep Chat components according to their preferences. It provides examples to help users get started with styling, including simulating the styling used in ChatGPT.
  4. AI Chatbot Integration: Deep Chat can be integrated with AI chatbots like ChatGPT. This allows users to harness the power of AI for writing text, stories, messages, programming code, and even as a virtual tutor.
  5. API Connectivity: One of Deep Chat's core features is its ability to connect to various APIs, making it a versatile tool for developers.
  6. Open Source: Deep Chat is open-source, and its source code is available on GitHub for customization and further development.
  7. Mobile Application: Deep Chat also has a mobile app available on the Apple App Store, providing an AI assistant that can assist with various tasks.
  8. Privacy: Deep Chat is mindful of privacy concerns and offers a Privacy Policy for users to review.

In summary, Deep Chat is a flexible chat component that can be used for web applications, offers a playground for experimentation, supports design customization, integrates with AI chatbots, connects to APIs, is open-source, and has a mobile app, all while prioritizing user privacy.

For more detailed information and documentation, you can visit the Deep Chat website and GitHub repository.

deepchat.dev
deepchat.dev

ディープ チャット: AI チャットボットをあらゆる Web サイトに簡単に埋め込む機能。

Deep Chat は完全にカスタマイズ可能な AI チャット コンポーネントであり、任意の API に接続でき、それを使用してブラウザーから直接人気のある AI ボットや独自のカスタム サービスと通信できます。

基本的なテキスト チャットに加えて、ファイル転送、音声録音、カメラ写真のキャプチャなどのマルチメディア インタラクションもサポートしています。

インターフェースは高度にカスタマイズ可能であり、複数の UI フレームワーク/ライブラリをサポートしており、インターフェースから機能に至るほぼすべての要素を必要に応じてカスタマイズできます。

これは、対話性と機能性の向上を必要とするさまざまな Web サイトに対応する、包括的で多用途なチャット ソリューションです。 Web サイトがどのプログラミング言語やフレームワーク (React、Vue、Angular など) で構築されているかに関係なく、Deep Chat を簡単に統合できます。

主な特徴:

1. マルチメディア インタラクション: ディープ チャットはファイルの送受信をサポートしており、ファイル共有機能を必要とするアプリケーション シナリオに非常に役立ちます。 たとえば、顧客はチャット ウィンドウを通じてドキュメントや写真を直接送信できます。

2. オーディオとビデオのキャプチャ: このコンポーネントを使用すると、Web カメラとマイクを介して写真とオーディオをキャプチャできます。 これを使用すると、ビデオ チャットや音声コマンドなど、より豊富なユーザー インタラクションを有効にすることができます。

3. Speech to Text および Text to Speech: Speech To Text および Text To Speech 機能をサポートしています。つまり、ユーザーは音声でメッセージを入力し、ロボットの音声応答を聞くことができます。

4. 高度にカスタマイズ可能な UI: Deep Chat を使用すると、Web サイトのブランドやデザインに合わせてチャット インターフェイスの外観をカスタマイズできます。

5. クロスプラットフォームおよびクロスフレームワーク: フレームワークに依存しないため、React、Vue、Angular などのほとんどすべての最新の Web フレームワークに簡単に統合できます。

6. オープン ソース コードとコミュニティ サポート: オープン ソース プロジェクトとして、必要に応じてソース コードを変更したり、コミュニティに参加して新機能や改善に貢献したりできます。

7. インスタント メッセージと通知: インスタント メッセージと通知は、新しいメッセージやイベントが発生したときにすぐにユーザーに通知するように設定できます。

8. セキュリティとプライバシー: これは構成と展開方法に大きく依存しますが、ディープ チャットはセキュリティとプライバシーを念頭に置いて設計されており、暗号化された通信と安全なデータ ストレージが可能です。

GitHub: https://github.com/OvidijusParsiunas/deep-chat
ウェブサイト: https://deepchat.dev

Features and Benefits

  • Web Component Integration: Deep Chat can be seamlessly integrated into web applications, providing a chat interface for users to interact with.
  • Playground for Experimentation: Deep Chat offers a playground where users can create, configure, and experiment with chat components without the need for coding. Importantly, the playground does not record any data, ensuring privacy.
  • Design Customization: Users can style their Deep Chat components according to their preferences. It provides examples to help users get started with styling, including simulating the styling used in ChatGPT.
  • AI Chatbot Integration: Deep Chat can be integrated with AI chatbots like ChatGPT. This allows users to harness the power of AI for writing text, stories, messages, programming code, and even as a virtual tutor.

Open Source

Open Source or API
Yes